総務省統計局から届いた事業所・企業照会票の提出は義務?放置すると?

JR板橋駅5分、旧中山道沿いに店舗と事務所を構えます、ハンコ印刷センター代表兼行政書士の青木と申します。

さかのぼること約2か月前、令和2年の10月に、手前どもにこのような書類が届きました。

総務省統計局 事業所・企業照会票

差出人は、総務省統計局。令和2年度事業所・企業照会票在中とあります。

中を開けてみますと、「新たに事業を開始されたと考えられる事業所・企業を対象に事業の内容等の基礎情報の照会を実施しています。」との案内がありました。

提出方法は、同封してある回答票に手書きして返信用封筒で送り返すか、オンラインでIDパスワードを入力して回答のどちらかになります。この件は以下でもう少し詳しく紹介します。

 

つまりこういうこと!

会社を設立してしばらくすると、国から統計調査を目的としたアンケートのようなものが送られてくる。

 

提出は義務?

総務省統計局

事業所・企業照会に関するQ&A 出所:総務省統計局

 

上記は総務省統計局のホームページキャプチャです。この中のA-3項にて、回答に関する義務や罰則規定に関して記載がなされています。

回答する義務や罰則の規定はございませんが、≪中略≫ 皆さまのご協力なしには、正確な統計はできませんのでご回答くださいますようお願いいたします。

仰る通り。皆の協力あっての正確な統計ということです。

 

つまりこういうこと!

義務ではないが、やりましょう。

 

放置すると?

総務省統計局 事業所・企業照会票ご提出のお願い

すみません、放置してしまったから、この内容が書けるわけですが。

しばらくすると、催促のはがきを頂戴することになります。

こちらのはがきの作成や送付にも税金が使われていますので、このようなハガキが来る前に、提出をしましょう。

(一部ネット上には、1年目に提出をしないと、2年目にまた届くといった情報もありました。税金がもったいないです。)

 

提出方法①紙

【必要なもの】・筆記具 ・のり

 

送付されてきた照会票に記入をして、同封の返信用封筒に入れてポスト投函するやり方です。

A4用紙両面の回答で設問は10~15項目ですので、所要時間10~15分程度ではなかろうかと思います。

ちなみに、ハンコなどは不要です。

記入が終わったら、同封の返信用封筒に入れて、糊付けしてポストへ投函して終了となります。

 

提出方法②ネット

【必要なもの】・PCまたはスマートフォン  ・IDパスワード(照会票に記載)

 

オンラインで回答する場合には、まず指定のURLをブラウザにダイレクトに入力してアクセスします。

※google、yahooなどの検索窓は使用しないように注意書きがされています。実際に検索してみましたが、確かにたどり着けません。フィッシングサイト等の防止目的もあるのでしょう。

照会票に記載のある個別のIDパスワードを入力して回答画面にログインをして入力していきます。

質問項目は書面回答のものと同一ですので、やはり回答時間10分から15分程度ではなかろうかと思います。

送信ボタンを押せばその時点で終わりますので(ポストまでいかなくていいので)、便利です。

また、複数事業所(本店、支店など)がある場合には、一括回答という仕組みもあるようです。

 

私も仕事柄、何か調べ物をする際などに、こういった国の統計を参考にすることもあります。それなのに、いざ自分が回答者の立場に立つと、その行為をおろそかにしてしまうとは、何とも愚かなことだろうと、やや反省です。

いざ取り掛かれば10分から15分程度で終わりますので、すき間時間でやってしまいましょう。

 

 

p,s, 同業の方々、いつも大変お世話になっております。ここまでお読み下さって何か気になる点、記載間違い等、忌憚のないご意見を頂戴できますと大変ありがたく存じます。引き続きよろしくお願い致します。

 行政書士 青木寛明

 

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

ご質問・ご相談は、こちらの専用フォームよりお気軽にお問合せください。
お問い合わせ後、担当者より弊所営業日24時間以内にご連絡させていただきます。