ご挨拶

はじめまして。int(イント)行政書士事務所の行政書士、青木寛明(あおきひろあき)と申します。

東京都板橋区の玄関口、JR板橋駅西口より、旧中山道沿いに店を構えます『ハンコ印刷センター』と申します店舗の代表も務めております。こちらは、私の両親が50歳を過ぎた頃から始めた商いですが、半ば、父が急逝したことにより私も店舗を手伝うこととなりました。お陰様で地域の皆様方にご愛顧いただき、2020年を持ちまして丸20年を経過いたしました。今後とも皆様方から必要とされるサービスの提供に努め、誠意努力して参る所存でございます。

さてこちらは、そんなはんこ屋の店主が、もう一つの業としております行政書士というお仕事についてご案内するホームページとなっております。そもそもこの行政書士という職を志すきっかけとなりましたのも、このはんこ屋で仕事を始めてからのことになります。

日々店頭にてお客様と接しておりますと、一口にハンコと言いましても、その背景事情は様々でいらっしゃいます。役所の手続きで急遽必要になられた方、外国から来たばかりで銀行口座の開設に戸惑い来られた方、思い描いてきた事業を起こすため会社を立ち上げられる方、大事な契約を前にその準備で来られた方、肉親を亡くし相続手続きに必要で来られた方、などなど。

今日の社会生活において、ハンコは自分の意思を証する大切な分身でありますが、その一方で、ハンコは上記のそれらを実現するための手続きの一部でしかないとも言えます。お客様がハンコを買いに来られる背景には、それらのお客様の本来の目的である、会社を設立して世の中の役に立ちたい。ですとか、日本での生活をより便利に過ごしたい。ですとか、大事な契約を無事に成立させたい。ですとか、財産をしっかりと適切に管理したい。などといった本質的な目的が存在しているのです。

であれば、その本質的な目的により近い部分にまでサービス領域を広げていけば、結果的にお客様への満足度は高まるのではないかと考えました。これが私が行政書士という職を志すに至った動機です。

まだまだ駆け出しではございますが、印章店との併設という特徴を活かし、地域の皆様方にお気軽にご相談いただける場所、また、他士業(税理士、司法書士、社労士、行政書士など)との連携を図り、お客様の多種多様なニーズに合った現場のプロをご紹介できる場所となるよう、運営をして参りたいと考えております。

お声掛け頂いたご依頼に対しては、専門家を気取らず、私で不十分と判断しましたら直ちに同業者と連携を取り、尚且、お客様にとってわかりやすく、かつ簡便に業務が遂行できますよう、尽力して參ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

int行政書士事務所
株式会社32(ハンコ印刷センター)
代表取締役 行政書士 青木 寛明

レッツ ゴー ふ あん は フフフ の フ050-710-77707※留守番電話になりましたら、メッセージをお願い致します。当方より折り返しご連絡致します。(Tel No,末尾5554より)

お問い合わせはこちら どうぞお気軽にご連絡くださいませ。